Medical Specialist

視能訓練士になるには専門学校に通う必要がある|プロへの道のり

視能を見守る仕事

国家資格が必要

男女

視能訓練士は、眼科医の指導のもとで目の検査を行い、視機能に問題がある人の回復を助けるリハビリ等を行う仕事です。
視能訓練士の多くは、眼科のある病院で働いています。
この他ではリハビリ関連の施設の勤務も増えてきており、今後活躍の場が広がっていくと考えられています。
視能訓練士の仕事内容は、目に関する検査の実施、視能矯正、見え方に問題がある人のためのリハビリ等があげられます。
仕事のうち最も多くを占めるのが検査です。
視力や眼圧、視野、色覚等、検査項目は多数あり、これを視能訓練士が細かく検査することによって、眼科医は今後の治療方針を決めていきます。
視能矯正は、医学的な弱視や斜視等を訓練によって正していく仕事です。
特に子どもに多い斜視は、眼球運動の訓練を指導し実行することで手術をしなくても改善することが多いため、視能訓練士による視能矯正は非常に重要視されています。
見え方のリハビリは、主に高齢者に向けての仕事です。
老眼などによる視力の衰えは、単眼鏡やルーペ等の道具を利用することで補うことが可能です。
こうした道具を利用者がうまく使用できるように指導していきます。
視能訓練士は、国家資格が必要です。
国家試験を受験するには、視能訓練士を養成する課程のある大学もしくは専門学校で学ぶか、一般の大学や短大、専門学校を卒業後、視能訓練士養成施設で1年以上学ぶことが義務付けられています。
専門的でなおかつ受験資格が厳しいことから、視能訓練士は信頼度の高い職業です。
また、高齢化社会の進行もあって視機能に問題がある人が増え、視能訓練士の需要は今後ますます高くなると考えられています。

就職先を見つけやすい

視力検査

視能訓練士にはなるためには、専門の学校に行く必要があります。
学校ごとに費用の違いはありますが、1年間の学費は100万円以上です。
1年間のコースに入った場合は、総額で120万円程度のお金が必要になります。
視能訓練士になるための3年間のコースもあります。
こちらの場合は、400万円以上のお金が必要になります。
やや高額の授業料ですが、コースで勉強をしたことを生かして視能訓練士になれば、就職先は見つけやすいです。
就職率が90%を超えている学校もあります。
上記の費用の中には、授業料やテキスト代、実習費、学校行事にかかる費用などが含まれています。
安い費用ではないので、支払いが難しい場合もあるかもしれません。
そのような場合は、学校に相談できます。
奨学金などの制度を使える学校も少なくありません。
視能訓練士になるには、たくさんのお金が必要になりますが、取得してプラスになる資格だと言えます。
国家資格の一つなので、医療機関で働くときに役立ちます。
視力の検査や斜視、弱視などの訓練や治療なども実施します。
大卒や短大卒、看護学校卒の方だったら、1年間の過程を終了するだけで、国家試験を受ける資格を与えられます。
高卒の方は3年間の課程を修了しなければなりません。
国家試験に合格した後の就職先は、眼科が一番多くなっています。
他には、私立の病院や公立の病院などがあります。
一度資格を取ることができたら、それを一生生かせて、経済的にも安定します。

現場で臨床学習

相談

視能訓練士になるための教育では、実際に現場で業務を学ぶ臨床学習のプロセスが設けられます。
臨床学習は、一般の眼科クリニックなどを利用して行われており、視能訓練士として働くためのノウハウを学ぶ大切なステップです。
このような実習をスタートする前には、講義形式の授業で視能訓練士に必要な教育を受けますので、実習に際しての準備はある程度整っている状態です。
この仕事では、受診者の視力検査や見え方の調整などを担当します。
医療スタッフとしての意識やしかるべき対応なども求められてくるため、現場で行われる実習は後のためにも役立ってきます。
視能訓練士としての適性も分かってくることから、進路選択で悩んでいる方にとっても、貴重な機会です。
実習の後には、いよいよ国家試験を受験することになります。
国家試験対策をする上でも、実習のプロセスは半ば不可欠です。
実習を行医療機関は、視能訓練士の教育施設と提携しており、国家試験対策に役立つような指導も受けられます。
教育のいわば最終段階に当たるのが、こういった臨床実習です。
臨床実習は、視能訓練士を養成する専門学校などに入学することで受けることが出来ます。
いったん社会に出てから、視能訓練士を目指すケースも少なくなく、様々なバックグラウンドの方が専門学校を利用して学んでいます。
実習は、他の学生や教師、訓練施設のスタッフと交流しながら行われる形となり、必要に応じてサポートが受けられるのが心強い所です。

意外に身近な存在

眼

眼科で視力検査等を行う人を視能訓練士と呼びます。検診だけが主な業務ではありません。斜視や弱視の人へ訓練指導やリハビリを行うこともあります。そのため、人とのコミュニケーション能力は必要です。また、データを読み取る正確性も求められます。治療はこうした数値で方針が決まることもあるのです。

もっと読む

目に関する専門職

視力検査

視能訓練士になるには養成学校を卒業して国家試験に合格する必要があります。養成学校には色んな課程があり短期の課程もあります。子どもや高齢者を相手にすることが多く優しく、温かく接することが必要です。実務経験を積むと介護支援専門員の受験資格も得られます。目のトラブル等の多様化もあり情報収集力も必要です。

もっと読む

視機能サポートの専門家

メンズ

視能訓練士になるには国家試験に合格しなければなりません。国家試験を受けるためには定められた期間視能訓練士養成施設で学ぶなど、受験資格が必要となっています。近年は高齢化などの影響により視機能低下に悩む人の数も多くなっており、視能訓練士のニーズも高まっています。

もっと読む